印鑑のデジタル化

イメージ画像

さて、一般企業・公的な施設・事務作業でのオフィス・パソコンを使った作業では、いまや電子印鑑がとても重宝されている時代となっています。電子印鑑は、パソコンを使っての資料作成・文書作成・契約書を扱う場合には、今や決して手放すことのできない、必要不可欠なアプリケーションとされた上で、使われることも多々あるでしょう。

そして、電子印鑑を使う際には、通常使われている印鑑・シャチハタとは違って、朱肉・インクなどの補充・使用の必要は、一切ない、という点が、電子印鑑の大きな魅力的でもあり、プラスポイントでもあります。

しかし、物事には、プラスポイントがあるように、その裏には、マイナスポイントも、確実に存在しているのです。

【楽天市場:急ぎで銀行印がほしい方はこちらへ】
銀行印は実印や認め印とは区別して、金融関係専用の印鑑を用意してご使用しましょう。


では、電子印鑑のマイナスポイントとは、一体どういったところにあるのでしょうか?
それは、デジタルで電子印鑑を読み込んで使用するために、電子印鑑の複製・コピーが、いともあっけなくできてしまう、という点にあります。そして、あわよくば、電子印鑑を使用した、偽造文書・偽造種類・類似品が出回ってしまう、という事態も可能になってきてしまう、という側面も発生してしまいます。

しかし、これらのマイナスポイントは、例えば偽造を防ぐために、電子印鑑を使用する際に、パスワード・キーワードをあらかじめ設定しておく、などの技術を成長させていけば、おそらく決して防げないことではないでしょう。
普通の印鑑と違い、電子印鑑での捺印ミスは、まずありえないのです。

[お役所手続きは「印鑑辞典」へ]
「実印」とするためには、印鑑の手続きが必要です。
役所での手続きが必要となりますが、その方法はご存知ですか・・・?
PR-印鑑登録や印鑑証明の取り方はここが分かりやすい!

このページの先頭へ